若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
西洋医学編
東洋医学編
生活改善編
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の基礎知識

緑内障の基礎知識

このカテゴリーでは、緑内障とはどんな病気か、その症状や原因などについて紹介しています。

緑内障とはどのような病気?どんな人が発症する?

緑内障は、徐々に視野がかけて時には失明してしまうこともある目の病気です。実は、視覚障害の原因としては第1位の病気であるほど、私たち日本人にとっては身近な病気でもあるのです。

たとえば、 2000年~2001年に岐阜県多治見市で行われた調査によると(Ophthalmology 2005;112:1661-9)、40歳以上では全体の約5%、つまり約20人に1人が緑内障にかかっており、年齢が上がるごとにその割合が多くなっていることがわかりました。

「身近な人にそんなに緑内障の人なんていないけど…」と思う人も多いかもしれません。実は、それこそが問題でもあるのです。

日本全体で約350万人患者の方がいると推測される緑内障ですが、初期段階での自覚症状があまり無いので、実際には緑内障にかかっていても、眼科を定期的に受診している人があまりにも少ないのが現実です。

しかし、先ほどご紹介したように、緑内障をそのまま放置してしまうと、徐々に視野が欠けて日常生活に大きな不自由が生じ、失明に至ることもあります。早期発見・早期治療が、快適な生活を送るためには何よりも重要なのです。

ここでは、緑内障についての基本的な知識をわかりやすくまとめてみました。まずは他人事ではなく、自分もかかる病気かもしれないという自覚を持ち、緑内障についての知識を深めていただければと思います。

 
▲ページTOP