若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
西洋医学編
東洋医学編
生活改善編
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の基礎知識

緑内障の基礎知識

このカテゴリーでは、緑内障とはどんな病気か、その症状や原因などについて紹介しています。

緑内障とはどのような病気?どんな人が発症する?

緑内障は、徐々に視野がかけて時には失明してしまうこともある目の病気です。実は、視覚障害の原因としては第1位の病気であるほど、私たち日本人にとっては身近な病気でもあるのです。

たとえば、 2000年~2001年に岐阜県多治見市で行われた調査によると(Ophthalmology 2005;112:1661-9)、40歳以上では全体の約5%、つまり約20人に1人が緑内障にかかっており、年齢が上がるごとにその割合が多くなっていることがわかりました。

「身近な人にそんなに緑内障の人なんていないけど…」と思う人も多いかもしれません。実は、それこそが問題でもあるのです。

日本全体で約350万人患者の方がいると推測される緑内障ですが、初期段階での自覚症状があまり無いので、実際には緑内障にかかっていても、眼科を定期的に受診している人があまりにも少ないのが現実です。

しかし、先ほどご紹介したように、緑内障をそのまま放置してしまうと、徐々に視野が欠けて日常生活に大きな不自由が生じ、失明に至ることもあります。早期発見・早期治療が、快適な生活を送るためには何よりも重要なのです。

ここでは、緑内障についての基本的な知識をわかりやすくまとめてみました。まずは他人事ではなく、自分もかかる病気かもしれないという自覚を持ち、緑内障についての知識を深めていただければと思います。

緑内障とは

緑内障は、目の病気として聞いたことがある人は多いはず。実際にはどんな病気なのか、知っていますか?実は日本人の中途失明原因、第1位。その理由は、緑内障は進行していることになかなか気づかず、気づいたときはすでに重症化している、というケースが多いためです。

まれに急激な症状に襲われて緑内障を発症することもありますが、多くは40代以上で発症することが多く、少しずつ症状が進んでいきます。目が硬くなって眼圧が高くなると緑内障のリスクが高まります。緑内障は病院で治すというよりも、進行を食い止めて付き合っていくべき病気です。今よりもひどくならないように、治療をしっかりと受けて目の健康を維持していきましょう。

「緑内障とは」について詳しく知りたい方はこちら>>

緑内障の症状

緑内障には、急性緑内障と慢性緑内障に分けられます。急性緑内障は、いきなり目の痛みや頭痛、嘔吐、腹痛などが起こります。どの症状も比較的激しいため、気づきやすいでしょう。しかし、慢性の場合は気づきにくいのが問題です。ゆっくりと振興して重症化してから気づく人も多いのだとか。症状が起きてから治療をするのではなく、緑内障のリスクが高まっている段階から適切な治療を受けていれば、いい状態を維持しやすくなります。緑内障の初期症状は、眼圧の上昇です。早めの治療を受けるためにも初期症状に気を付けましょう。

「緑内障の症状」について詳しく知りたい方はこちら>>

緑内障の種類

緑内障には種類が7つあります。隅角閉塞型緑内障・隅角開放型緑内障・正常眼圧緑内障・先天性緑内障・続発緑内障・若年性緑内障・原発緑内障のです。何が原因となって緑内障を引き起こしているかによっても異なりますし、生まれつきの問題で緑内障になりやすい人もいます。緑内障の典型的な症状を知っているだけでは、もし目や体に不調が出た場合に緑内障かもしれない…と気づくことができずに重症化してしまう恐れがあるでしょう。

緑内障の種類を知って、どんな対策をしたらいいのか、どんな治療を受けるべきなのか自分でも知っておけるといいですね。

「緑内障の種類」について詳しく知りたい方はこちら>>

緑内障の原因

緑内障という症状の仕組みはわかっていても、実はどうしてなってしまうのか、はっきりとした原因はわかっていないのだとか。あくまで予想というか、推測でそうなっているんだろうという理解をしているだけで、実際の原因はわかりません。ただし、緑内障を招く大きな原因であるとされているのが、眼圧の上昇ですね。眼圧が高くなると視神経が圧迫されやすいため、緑内障を発症しやすくなります。

さらには血行不良も原因として考えられていますし、事故による損傷や病気の副作用などでも緑内障を招いてしまうといわれています。はっきりとした原因はわからなくても、もしかして…と心当たりがあれば、原因を減らすためにも生活改善が必要ですね。

「緑内障の原因」について詳しく知りたい方はこちら>>

緑内障の診断

緑内障の診断は医師が行います。眼圧検査・眼底検査・隅角検査・視野検査・画像解析検査など…細かな検査をしたうえで緑内障であるかどうかが決定します。これだけ多くの検査をするので、緑内障であるかどうか、もしくは緑内障の疑いがあるかどうかもしっかりと診断してくれるので、治療も受けやすくなりますよね。

もしかして…と思ったら自己判断せず、病院で緑内障の診断を受けましょう。

「緑内障の診断」について詳しく知りたい方はこちら>>

【特集】ドライアイ予防で緑内障リスクを軽減

ドライアイで悩んでいる人が多い現代ですが、ドライアイによって目が乾燥してしまうと、緑内障のリスクを高めてしまいます。本来目に必要な水分、いわゆる涙が少なくなっている状態をドライアイと呼んでいます。ドライアイは目のさまざまな症状を招く原因となりますし、緑内障も同様です。目が乾燥したりかすんだり、疲れやすくなったりとドライアイかもしれない症状が発症したら、まずはドライアイ対策から始めましょう。病院で治療を受けながら、緑内障予防に努めたいですね。

「【特集】ドライアイ予防で緑内障リスクを軽減」について詳しく知りたい方はこちら>>
緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP