若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
西洋医学編
東洋医学編
生活改善編
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の基礎知識 » 緑内障とは

緑内障とは

緑内障とはどのような病気なのか、眼圧とどんな関係があるのかをまとめました。

日本人の中途失明原因の第1位は緑内障

緑内障という病名を聞いたことはあっても、あまり実感がないという人が多いかもしれません。

けれども実は、日本人の中途失明の原因の第1位が緑内障なのです。

進行に気づきにくく、気づいたら重症化していたというケースも多いのが緑内障。きちんとした知識と、治療法や予防法を知っておくことが重要です。

眼圧を説明する図

緑内障とは、高くなった眼圧により視神経が圧迫されて視神経が損傷し、視野が欠けたり狭くなってしまう病気です。自覚症状が出にくいため、コンタクトレンズを作るときに眼圧が高いことがわかり、緑内障を発症していることが発覚するケースも多いようです。

眼の中には、房水と呼ばれる目の中を循環するゼリー状の液体があり、虹彩という器官の裏を通過し、線維柱帯を経てシュレム管から眼の外の血管へと循環しています。この房水が循環することで、目の中の圧力、つまり眼圧が保たれて目の形を維持しています。

つまり、眼圧とは眼の硬さです。眼圧が上昇すると、眼球がより硬くなるので、視神経を圧迫して障害を起こします。これが緑内障が起きるメカニズムです。

緑内障は、多くの場合は40代以上で発症し、徐々に進行します。しかし極く稀に、急激に眼圧が上昇し、激しい吐き気や頭痛、眼の痛みなどを感じる「急性緑内障発作」を起こす人がいます。

緑内障のおもな直接原因は高眼圧ですが、同じ眼圧でも発症する人と発症しない人がいます。同じように、治療によって眼圧を十分に下降させても病気が進行する人と進行しない人がいます。

そのため、眼圧が高い=緑内障と簡単に結びつけることができない病気でもあり、視神経が眼圧に対して弱いかどうかも大きく関係があると言われているのです。

緑内障は治るの?

残念ながら、現在の医療では、緑内障を発症して失われた視野や視力は、二度と元どおりになることはありません。つまり、緑内障は治せる病気ではなく長く付き合う病気です。

「治らないのだから病院に通う必要はない」と治療を放棄してしまう人がいますが、治療をせずにいると視野がどんどん狭くなり、やがて失明という事態にもなりかねません。日常生活に大きな不自由を生じることになってしまいます。

きちんと病院に通って定期検診をするとともに、日常生活の改善を行ったり、漢方薬やサプリメントなどを活用すれば緑内障の進行を遅らせることが可能です。放置せずにしっかりと病と向き合うことが、より長く視野を保ち不自由のない生活を送るために大切なことです。

 
▲ページTOP