若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
西洋医学編
東洋医学編
生活改善編
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の基礎知識 » 緑内障の初期症状

緑内障の初期症状

こんな症状はありませんか?

「緑内障」とは、日本人の中途失明の原因、上位に数えられる代表的な目の病気です。

若いうちから緑内障の因子を持っている人の場合、ゆっくりと症状が進行し、気づいた時には重症化しているケースも少なくありません。

緑内障は基本的に進行が遅い病気です。初期の段階で自覚できるケースはあまり多くはなく、見過ごされやすい病気としても知られています。

人それぞれ目の見え方には差がありますが、なかには半分以上視野に障害が出ているのに気づかない方もいるようです。罹患率としては40歳以上で20人に一人の割合となり、加齢に応じて罹患率はさらに上昇します。

緑内障の代表的な症状というものは特にありませんが、視野にゆがみがある、目の見え方が狭く感じる、一部分が欠けて見えるなどといった、視野に関する症状があれば、すぐに専門医の診察を受けることをおすすめします。

ただし初期の段階ではまだはっきりと視野が欠けることはなく、進行度に応じて重症化していくため、正常なうちに定期的に検査を重ねていき、緑内障のリスクを減らしていくことが大切です。

知らないうちに目の中の「眼圧」が上がってしまい、結果として視神経が圧迫され緑内障を発症するため、自分の目の状態を定期的に把握しておくことが予防の第一歩となります。

ここでは、緑内障の代表的な症状についてまとめています。

見える範囲が狭くなる

緑内障は、眼球の中に詰まっている硝子体から外側へとかかる眼圧が強くなることによって、視神経が圧迫される病気です。神経の圧迫度によって見える範囲が限られていき、視野が欠けていくのが大きな特徴です。

初期の段階ではほとんどの人が眼圧の高さと緑内障の進行に気づかず、中期に入ると視野がゆっくりと欠けていき暗点が広がります。

ここでもまだ異常に気づかない場合がありますが、日常生活に支障をきたすようになると、ようやく視野の異常に気づきます。

頭痛

緑内障にはいくつかの種類がありますが、突然症状が重くなる「急性緑内障発作」では、頭痛をともなうケースがみられます。

目の充血や視力の低下なども併発しますが、頭痛の痛みが勝るケースが多いため、風邪や偏頭痛と間違えて内科などの病院を受診してしまう患者さんも少なくありません。

頭が痛いと頭痛薬を飲むなどして対処方法を間違えることもありますし、目の病気が関わっているとは知らずに対処をしてしまう場合が多いため、注意が必要です。

急性緑内障発作は激しい頭痛をともなうものです。まず目を鏡で見て、充血のような症状が出ていないか確認し、その後片目を閉じてものの見え方を確認してみてください。

もしも充血した目にかすみ目の症状が出ていたら、眼圧が上昇して急性緑内障発作を起こしている可能性があります。すぐに眼科を受診するようにしましょう。

吐き気

急性緑内障発作の症状の中には、充血や目の痛み以外にも吐き気が起こる場合があります。この発作が現れた時は、すぐに対処しなければ失明につながるおそれもあります。

すでに緑内障と診断されている人の場合、慢性的な症状として吐き気が襲うというよりも、眼圧が何倍にも上がった時だけ吐き気や頭痛などの症状を感じるといわれています。

吐き気についても頭痛と同様、早急な眼科的処置が必要となります。

目の充血・痛み

目の痛みや充血も、急性緑内障発作の代表的な症状となります。

充血だけであれば疲れ目やドライアイなどによる影響、目の痛みならコンタクトレンズの装着によるものと混同されやすいのですが、病院で診断を受けたら緑内障だったと診断されるケースがみられます。

急性緑内障による充血の場合は、結膜炎とは異なり黒目の縁が充血しているのが特徴的です。

急性緑内障発作については、目の痛みや充血だけでなく頭痛や吐き気などの症状が併発することもあり、風邪を疑う方も多くいらっしゃいます。これらの症状が出た場合はまず目のチェックを行い、ものの見え方に異常がみられたらすぐに病院を受診しましょう。

緑内障の種類(分類)

続発緑内障と原発緑内障の2種類に分けることができ、さらに原発緑内障には開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障に分けられます。

正常眼圧緑内障(せいじょうがんあつりょくないしょう)

正常眼圧緑内障は、眼圧が高くなく正常値であるのに視神経に障害が起きているケースで、開放隅角緑内障の一種とされています。

日本では緑内障の患者さんのうち、6割がこの正常眼圧緑内障と診断されるほど罹患率の多い症状です。

発達緑内障(はったつりょくないしょう)

発達緑内障とは、生まれつき異常を持ち、眼圧が高く緑内障を発症するものです。

乳幼児などの低年齢層でも発達緑内障に罹患する場合があり、進行が早いため早期に手術を行うことが推奨されます。

原発開放隅角緑内障(げんぱつかいほうぐうかくりょくないしょう)

原発解放隅角緑内障は、眼球の中の房水と呼ばれる液がうまく排出できずに、眼圧が高くなっていく症状です。

徐々に症状が進行するのが特徴で、房水の排出路である隅角が開放状態であるにもかかわらず、視神経が障害を受けている状態を指します。

原発閉塞隅角緑内障(げんぱつへいそくぐうかくりょくないしょう)

原発閉塞隅角緑内障は、房水の排出経路である隅角が閉塞し、液の排出がうまくいかずに眼圧が上がるというものです。

急速に隅角が閉鎖する状況で発症するもので、頭痛や吐き気などの症状を訴える患者さんが多い急性緑内障発作はこの原発閉塞隅角緑内障に分類されます。

はっきりとした初期症状が無い場合も

緑内障が失明の原因に数えられている理由としては、初期の段階で自覚症状が少ないために、進行を許してしまうという点にあります。

急性緑内障発作は充血や目の痛みなどの目に関わる症状が出るため、何かがおかしいと自覚できますが、正常眼圧緑内障は眼圧が正常値であるため一見緑内障とは自覚しにくく、対処が遅れてしまう可能性があります。

多くの緑内障にはこれといった症状がなく、初期症状もありません。眼圧が高くなっているかどうかは眼科で検査ができますが、自分では分からないものなので、早期発見が非常に重要になります。

初期症状から少し進行して視野に障害が出ても、視界がはっきりと欠けるというよりは曖昧な状態でゆっくり進行するため、目に症状が表れるのはさらに症状が進行してからとなります。

緑内障は片目のみに表れる場合もありますが、この時ものを両目で見ていると症状が自覚しにくく、結果として発見が遅れてしまうことも。

緑内障は眼圧を下げる薬などによって治療を継続することで、失明のリスクを下げられます。発見が遅れたとしても、適切に治療を続けることで視野を可能な限り良好に保つことができます。

40歳以上の方は初期症状の有無を一度は調べておいたほうが良いといわれていますが、家族や親戚など血縁者に緑内障を患っている方がいる、もしくは過去にいた場合には、緑内障の罹患リスクが高くなるため、こまめな検査が推奨されています。

緑内障の患者さんがまわりにいない方でも、目の健康を維持するために2,3年に一度の割合で、眼科での定期検査を受けることが推奨されています。

緑内障早期発見のためのチェック方法

緑内障を早期に発見するためには、眼科に行き検査を受けられることをおすすめします。

自覚症状がないレベルであっても、眼科でチェックを受けることでリスクを早期に発見し、対処することが可能です。

緑内障の可能性や進行度を自分でチェックするには、眼科などのサイトで閲覧できる緑内障用のチェックシートを使います。片目を閉じて、チェックシートの正面を向き、約30cm離れた場所から中心を見つめます。

この時、視野の中に欠ける場所がある、一部分が暗く見える、チェックシートのマス目がゆがむなどの症状が現れる場合には、専門医の診察を受けることをおすすめします。

ただし、自己判断で「まだ緑内障が進行していないから大丈夫」と安心しないように要注意。眼科で視野の検査を行い、病状を適切に把握して、処方された薬は正しく使うようにしましょう。

また、日常生活において眼圧を上げないようにアドバイスされる場合がありますので、医師の診断や指示には従うようにしましょう。

眼科で行われる緑内障の診断には、眼圧・眼底の検査、視野検査などが代表的なものとなります。眼圧が正常値であっても、視野に問題があれば緑内障と判断される場合がありますので、早期発見と早期対処が非常に重要です。

眼圧の検査には、目に機械を当てて測定をする方法や、目に圧縮空気を当てて測定する方法などがあります。また、隅角検査のためにコンタクトレンズを挿入して状態を検査することもあります。

眼底検査については、視神経がどの程度障害を受けているかをチェックします。緑内障の患者さんは視神経乳頭と呼ばれる部分が凹んでおり、凹みが徐々に拡がってくる(視神経乳頭陥凹拡大)のが特徴的です。

視野検査については、どの程度目が見えているかを調べます。こちらは緑内障の進行度を把握するのに重要であり、こまめにチェックを受けることで、どの程度緑内障が抑えられているのか(または進んでいるのか)が分かります。

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP