若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
西洋医学編
東洋医学編
生活改善編
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の基礎知識 » 緑内障の症状

緑内障の症状

このページでは、「眼圧が高い」とか「視野に欠損や狭窄がある」などではない、緑内障のコワい症状について紹介します。

2タイプの緑内障の症状

緑内障の分類の仕方には、眼圧が高いかそうでないかで分ける方法、発症年齢で分類する方法、外傷や病気などの明確な原因があるかどうかで分ける方法など、いくつかありますが、進行のスピードで分類されることもあります。

1つは、突然発症して急激に悪化する急性緑内障、そしてもう1つが、40代以上に多く見られる慢性緑内障です。この2つは、進行のスピードの違いが症状の違いとして現れ、予後にも違いが出ます。

急性緑内障の症状

急性緑内障は、隅角がつまる閉塞隅角緑内障のひとつです。なんらかの原因で隅角が詰まり、急激に眼圧が上がってしまうことから、「急性緑内障発作」と呼ばれることもあります。

頭痛激しい目の痛み充血嘔吐腹痛視力低下発汗といった激しい症状が突然起こり、その状態が続きます。しかし、緑内障による症状であると気づかず、脳の病気や内科の病気を疑い、治療が遅れてしまうこともあるようです。

急性緑内障の場合、すぐに処置しないと失明に至る可能性が高いので、注意が必要です。

慢性緑内障の症状

急性緑内障が自覚症状を伴って発症するのに対し、慢性緑内障は症状がかなり進行しないと自覚症状がありません。そのため、気づいた時には緑内障が進行していることが多いのです。

慢性緑内障の深刻な症状のひとつが、視野が狭くなったり一部が見えなくなる視野欠損です。しかし、この視野欠損も、片目だけに緑内障が発症した場合には、健常な他方の目が視界の情報を補ってしまうため、なかなか気づかない場合が多いのです。

目は、片方の視力が弱かったり、視野に見えない部分ができてしまっても、もう一方の目がカバーしてしまい、脳内で正しい画像を作り出します。そのため、緑内障はなかなか気付きにくく、発症しているにも関わらず治療をしている人が少ない病気でもあります。日本人の中途失明原因の第1位であるのも、そのためです。

慢性緑内障も、治療が遅れて眼圧が非常に高い状態になると、眼の奥が痛む、頭痛、吐き気などの症状が出ます。

眼圧が高くなったら緑内障に注意

緑内障を起こす大きな原因が高眼圧です。つまり、自覚症状がなくても眼圧が高ければ緑内障の恐れがあると言えます。

眼圧は目に急激な空気を吹きかけて、角膜の凹み具合などによって簡易的に測ることができます。コンタクトレンズを作ったことがある人なら一度は経験がありますね。30秒ほどあれば検査が完了するので、健康診断などにも組み込まれていることがあります。

この簡易検査で、眼圧が高く、緑内障の可能性があると診断された場合は、角膜に色素をつけて眼圧計を密着させて測定するという方法で、正確な眼圧を調べます。この検査も検査自体はものの数分で終わります。

緑内障は40歳以上の人に多く見られる眼病です。自覚症状がなくても、定期的に眼科に行くことが早期発見につながるでしょう。

 
▲ページTOP