若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障への理解を深めるQ&A集 » 緑内障の治療に関するQ&A

緑内障の治療に関するQ&A

緑内障の治療についての疑問を一挙解決

緑内障の治療は、症状の重さによって異なります。場合によっては手術が必要になるケースもあるため、日常生活からしっかり予防を心がけるようにしてください。

緑内障の治療方法と併せて知っておきたい、眼圧の基準値や予防方法まで、様々な質問に全部お答えします。

Q.どんな治療方法がありますか?

A.慢性の場合は眼圧降下剤を使用して、眼圧を下げる治療が行われます。視神経が損傷している場合は、完全に回復することは期待できません。また、副作用が発生するケースも多いです。急性の場合は手術が必要となります。

Q.眼圧の異常値はどれくらいですか?

A.10~21mmHgが正常な数値と言われています。しかし、個人差があるため、この数字より眼圧が高くても症状がすぐに出るわけではありません。

眼圧が基準値を超え、視野欠損などの症状が見られる緑内障と違い、症状や変化が一切見られない「高眼圧症」の可能性があるのです。

この高眼圧症は早急に治療する必要こそありませんが、緑内障の予備軍とされています。そのため、高眼圧によって視神経にどのような影響が出ているかを知るためにも、診察を受けることが勧められるのです。

Q.予防する方法はありますか?

A.緑内障はストレスや目の疲労によって引き起こされますので、ストレスを解消することと目を休ませることが大切です。加齢や活性酸素なども原因と言われていますので、定期的に検査を受けて、早期に異常を発見して迅速に対応することが一番の予防と言えるでしょう。また、緑内障予防に効果が期待できるサプリメントなども発売しています。

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP