若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の悪化と発症を予防する成分 » 眼精疲労を回復させる成分

眼精疲労を回復させる成分

ここでは、眼精疲労からの回復を促す栄養素について紹介します。

眼精疲労からの回復というと、近年特に有名になったのが「アントシアニン」です。けれども、アントシアニンばかりが有名になったことで、その他の重要な栄養素が知られにくくなっているようです。

ここでは、眼精疲労を回復させる栄養素をひとつずつ詳しく紹介していきます。

ルテイン

ルテインは、カロテンの仲間で、カボチャやほうれん草などに多く含まれています。

ヒトの身体では、目の網膜にのみ含まれているため、ルテインを摂ることは目の健康維持や眼精疲労回復にそのままつながると言えます。また、このルテインは、活性酸素を排除する抗酸化作用が高いため、加齢性黄班変性症などの目の病気の予防効果も期待されています。

ルテインは、体内で合成することができないため、食べ物やサプリメントから補給する必要があります。

アントシアニン

アントシアニンは、ブルーベリーやブドウ、ビルベリー、ハスカップなどの紫色の果物の皮に含まれている成分で、目によい栄養素と言われています。

アントシアニンが目に良いと言われる理由は、視力に関係する網膜の細胞「ロドプシン」の酸化を抑える効果があるためです。近年ではアントシアニンがロドプシンの再合成を助けているという研究結果も出ています。

また、アントシアニンには血行を良くする効果もあるため、ドロドロ血による眼圧上昇を抑える効果も期待できそうです。

ビタミン類

眼精疲労の回復には、ビタミン類も不可欠です。

ビタミンAは、目の粘膜を保護し、網膜を健康に保つ働きがあります。このビタミンAが不足すると暗いところでものが見えにくくなったり、角膜が乾燥してしまうことがあります。

ビタミンB1は、エネルギー代謝を促す働きがあります。これが不足すると、目から入った情報を脳の神経に順調に伝達することができなくなり、眼精疲労につながります。

ビタミンB6は、目の水晶体と毛様体筋の主成分であるタンパク質吸収に関与しています。

これらのビタミン類をバランスよくしっかりと摂ることも重要でしょう。

 
▲ページTOP