若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法

緑内障の進行を阻止する治療法&予防法

このページでは、緑内障の治療法と予防法について、さまざまなアプローチを探ってみました。

緑内障にならないためには

そもそも、緑内障とは原因不明の疾患です。そのため、予防が非常に難しい病気なのです。

また、緑内障の症状の進行を食い止める方法はあっても、欠けた視野を回復する方法は、現代の医学にはありません。正確に言うなら、確実に症状の進行を阻止できる方法も、今のところ、ありません。”治す病気ではなく付き合う病気”と言われるのは、そのためです。

とはいえ、完全にお手上げということではなく、大きく分けて3つの対処法があります。

1.西洋医学的なアプローチ

西洋医学的な治療法(症状の進行を食い止める方法)には、点眼薬や内服薬による治療と、レーザーや手術による外科的な治療があります。緑内障の種類、進行の度合い、年齢やその他の要因によって適切な治療方法が異なりますので、基本的には医師のすすめる治療を受けるべきでしょう。

ただし、それぞれのメリットとデメリットをよく理解し、時にはセカンドオピニオンを利用したり、東洋医学やサプリなどの併用に目を向けることも必要です。

【西洋医学編】眼圧調整で進行を阻止するについて詳しくはこちら>>

点眼薬による治療

緑内障の治療には点眼薬が欠かせません。緑内障にまず処方されるのが点眼薬。眼圧が高くなっている状態を改善するために必要です。発生している症状に合わせて、使用するべき点眼薬は異なります。これ以上緑内障を進行させないためにも使わなければなりません。点眼薬は正しく使うことで効果を発揮するため、自己流でなく本来の使い方をしましょう。また点眼薬にも副作用が考えられるので、体に不調が起こらないかどうかを確認しながら使わなくてはいけません。

点眼薬による治療について詳しくはこちら>>

内服薬による治療

内服薬は点眼薬を使用しても効果があまり見られない、これから手術をするというときに処方されます。内服薬は継続して治療するわけではなく、短期間だけ使う場合が多いです。内服薬にも種類があり、眼圧を下げる薬もしくは血流改善効果を狙う薬となっています。内服薬は短期間だけとはいえ、持病の薬を飲んでいる人は飲み合わせを考えたり、副作用が起きていないかを確認しながら服用する必要があります。

内服薬による治療について詳しくはこちら>>

レーザーによる治療

緑内障の治療ではレーザーを使うこともあります。いろいろな方法がありますが、眼圧を下げるために適切な方法を選び治療していきます。ただしレーザーなので、恐さを感じる人も多いです。医師の腕が問われるものなので、レーザー治療を受ける場合は信頼できる医師を見つけましょう。費用もほかの治療と比べると高めになりますが、医療費控除の対象にもなり、高額療養費制度も適用されます。また、医療保険に入っていれば給付も受けられます。最終的に医療費はどの程度かかるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

レーザーによる治療について詳しくはこちら>>

手術による治療

緑内障の最終的な治療法として手術が用いられます。基本となる手術は3種類、「虹彩切開術」「繊維柱帯切開術」「繊維柱帯切除術」です。点眼薬や内服薬よりも治療の効果がはっきりと出るというメリットはありながらも、目の手術ということでやはり不安を感じる人も多いでしょう。また、手術を受けても改善しない緑内障もあります。いわゆる「ハイリスクハイリターン」の治療法なので、緑内障の改善で手術を受ける際はしっかりとリスクも把握しましょう。手術というと入院をしなくてはいけない気がしますが、最近は日帰り手術が可能な病院も増えたので、気軽に受けられます。

手術による治療について詳しくはこちら>>

【特集】緑内障治療で定評のある医療機関一覧

緑内障の治療を受けたいと思っても、ちゃんと腕のある医師が在籍しているか気になるところです。治療を受けて失敗だった…なんてことがないように、自分で医師や病院を選ばなくてはいけません。全国に緑内障治療に定評がある医師や医療機関がいくつかあります。少し遠い場所でも安心して治療が受けられる医療機関が見つかれば、治療に通う価値はあるでしょう。安心して治療が受けられる医療機関を探してみてください。

【特集】緑内障治療で定評のある医療機関一覧について詳しくはこちら>>

2.東洋医学的なアプローチ

東洋医学的な方法の場合は、症状の進行を阻止する治療が発症の予防にも役立ちます。眼病は、両目に同時に同様な症状が出るとは限らないので、非常に有効な治療法と言えます。

また、漢方による治療の基本は医食同源なので、長く続けることによる副作用の心配がほとんどないことも、一生付き合う病気である緑内障へのアプローチとしては、大きなメリットです。

【東洋医学編】眼圧調整・視神経補強・体質改善で進行を阻止する&予防するについて詳しくはこちら>>

漢方薬による治療

緑内障の治療というと西洋医学ばかりがメインとなりますが、漢方薬、いわゆる東洋医学による治療もあります。漢方薬は症状を抑えるものではなく、全身のバランスを整えて不調を改善していくという治療法になります。全身のバランスが崩れると、体のあらゆる部位に不調が起きてしまいます。特に、目の不調は肝臓が弱っていることからきているとされているため、漢方薬では肝臓の働きを助けるために使うことが多いです。ただし漢方薬を飲むときに持病の薬を飲んでいる場合は、飲み合わせに気をつけましょう。 漢方薬局の中でも緑内障の漢方薬に力を入れている薬局を探し、サポートしてくれる薬剤師がいる薬局を選んでくださいね。

漢方薬による治療について詳しくはこちら>>

【特集】緑内障治療で定評のある漢方薬局一覧

漢方薬で緑内障治療をする場合、自分が納得して漢方を処方してもらえる漢方薬局を探さなくてはなりません。全国で評判の良い漢方薬局の中から、自分が通いやすくて信頼できる薬剤師のいる薬局を見つけましょう。 漢方薬は個人に合わせて生薬を配合し処方するのが基本です。カウンセリングにも時間をかけてくれる薬剤師がいる薬局がおすすめです。

【特集】緑内障治療で定評のある漢方薬局一覧について詳しくはこちら>>

ツボ治療

東洋医学ではツボによる治療も行います。経絡上に点在しているツボを使うのですが、血行が悪くなって視神経が弱っている場合はツボを刺激することで血行が良くなります。ツボ治療で血行が良くなれば、緑内障の予防や改善に役立つでしょう。 ツボを刺激する方法は指圧をはじめ、ハリやお灸もあります。ただ自宅ではハリやお灸は難しいため、指圧で刺激しましょう。血行が良くなっているお風呂上りなどに行うことをおすすめします。ツボは押しすぎも逆効果になってしまうので、刺激を与えすぎないように気をつけましょう。特に目の周りは皮膚も薄く、強く押すと目に負担がかかりすぎてしまうため注意してください。

ツボ治療について詳しくはこちら>>

【特集】緑内障治療で定評のある鍼灸院一覧

緑内障治療のために役立つとされているツボ押し、自宅で行うのではなく鍼灸院で行ってもらえば、ハリやお灸によるツボ刺激も受けることができます。鍼灸院によって行っている施術は異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

【特集】緑内障治療で定評のある鍼灸院一覧について詳しくはこちら>>

3.生活改善によるアプローチ

東洋医学によるアプローチに通じる部分もありますが、日常生活の中で緑内障にならないために注意をすることも重要かつ効果的です。

緑内障の原因の1つと考えられる血行不良は、喫煙や自律神経失調、メタボリックシンドロームなどでも引き起こされます。また、窮屈な服装やうつむいた姿勢での長時間労働や、大量のカフェイン摂取といったことも血流を悪くします。血行不良が原因の緑内障であれば、これらの習慣を改めるだけで、症状の悪化を防ぎ、予防にもつながるのです。

また、眼圧の上昇という点においては、抗鬱剤の服用やステロイドの使用も原因と考えられています。このような薬による眼圧の上昇は避けにくいものではありますが、副作用を把握しておくことで、定期的な検査を受けるなどの対策につながるはずです。

【生活改善編】体質改善で進行を阻止する&予防するについて詳しくはこちら>>

食生活を改善する

緑内障を改善・予防するためには、食生活も改善しなくてはいけません。特に危険なのは糖分とアルコールです。甘いものが好きな人、お酒が好きな人は過剰摂取に気をつけてください。また、目に良いとされているものを食べるように心がけましょう。特に意識してほしいのはアントシアニンです。目に良い栄養素だといわれています。それ以外にも亜鉛やタウリンなど、目のためになる食生活を心がけましょう。

食生活を改善するについて詳しくはこちら>>

眼精疲労を回復する

目の疲れが蓄積すると、目の血行が悪くなってしまいます。スマホやパソコンの使い過ぎで眼精疲労になっている人がとても多いです。できればスマホやパソコンを使う頻度を下げて、目を休める時間をつくりましょう。 普段使うときにはブルーライト対策をして、目の疲れを加速させないようにしましょう。目をいたわって生活するように心がけてください。

眼精疲労を回復するについて詳しくはこちら>>

ストレスを避ける

緑内障予防のためには、ストレス対策も必要と言われています。ストレスを感じると、肝臓に大きな負担がかかってしまいます。血液循環も悪くなってしまうため、それによって眼圧が上がってしまう可能性があります。

ストレスを感じない、ストレスを避け続けるという生活は難しいですが、外的要因から起こるストレスは避けることができます。できる限りストレスをため込まないように気をつけてください。また精神的ストレスも全くゼロにすることは難しいかもしれませんが、ストレスを感じたら発散できる時間を作るなど、上手に付き合っていきましょう。

ストレスを避けるについて詳しくはこちら>>

運動で予防する

緑内障は運動で予防することができます。エクササイズで眼圧が下がる可能性が期待されていますし、運動は健康にも役立つので習慣にできるといいです。運動といっても、今まで体を動かすことがなかったし…とためらってしまう人も多いはず。いきなり激しい運動をする必要はありません。自分ができる運動から少しずつ挑戦してみましょう。最初はストレッチだけでもいいですし、気分転換にもなるヨガや、散歩ついでのウォーキングなど…気軽に始められるものがいいです。運動は何よりも続けることが大切です。

運動で予防するについて詳しくはこちら>>

サプリメントで予防する

紫外線による目のダメージを防いで、目に受けたダメージを回復させるために役立つのがサプリメントです。サプリメントは必要な成分だけを補うことができるので、とても便利で食事のバランスが乱れがちな人にもおすすめ。

ルテイン・ビタミンCが緑内障予防にいいとされている成分です。紫外線によって受けてしまうダメージを回復するパワーがあるのだとか。緑内障だけではなく、白内障予防や目の疲れ・かすみなどにもいい効果が期待できるでしょう。

さらに最近では、一般社団法人日本カシス協会が緑内障の進行を抑制する効果がカシスアントシアニンにある、という研究結果も発表しています。

札幌医科大学眼科学講座の大黒教授グループは『カシスアントシアニンの緑内障性視神経障害に対する効果』の臨床試験を実施。 この臨床実験により、アントシアニン摂取による「目の血流の増加」、「眼圧上昇の抑制」さらには「視野障害進行の軽減」が認められ、カシスが緑内障の進行を抑制するサプリメントとして有用なことが示唆されました。

出典:目に効くカシス:一般社団法人 日本カシス協会
http://j-cassis.jp/cassis/eye/eye001/

とのことです。サプリメントは体内に不足している栄養素を補うために摂取するものなので、基本は食事で栄養を補いましょう。そして、それでも不足してしまう栄養をサプリメントで補う、という形で役立ててくださいね。

サングラスで予防する

紫外線予防のために肌にはUVクリームを塗っている人は多いですが、目のUVケアも忘れてはいけません。しかし、目にはUVクリームを塗ることができませんよね。そこで役立つのがサングラスです。

サングラスをかけることで紫外線によって受けてしまうダメージを最小限に抑えることができるでしょう。

ただし、気を付けてほしいのが色の選び方です。濃い色のほうがしっかりと紫外線を防いでくれそうな気がするのですが、実は濃い色を選ぶと必要以上に瞳孔が開いてしまいます。

光を多く取り入れようとするので、できるだけ薄目のサングラスでUVカット加工がしっかりとされているものを選びましょう。

また、形状にも要注意です。レンズが小さいと開いている部分から光が入りやすくなるので気を付けてください。

FDT検査により30人の視野異常を認めた。うち10人が眼科受診し7人が「緑内障」および「緑内障疑い」と診断された。7人のうち5人は明らかな眼底異常を認めたが、1人はごく軽度の眼底異常のみ。もう1人は眼底異常を認めなかった。また、7人中4人は従来の視野計では検出できない早期の「緑内障疑い」であった。一方、FDTで異常を認めず眼底写真で異常を認めたものは12人、うち8人が眼科受診したが「緑内障疑い」が1人認められたのみであった。

出典:人間ドック24(3) 31-38 2009:正常眼圧緑内障早期発見を目的としたFrequency Doubling Technology視野計の予防医療導入の検討〔PDF〕
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ningendock/24/3/24_681/_pdf/-char/ja

というように、FDTによってかなり早期の緑内障であっても、発見できるような研究がすすめられています。どのような病気でもそうですが、緑内障も同様に早期発見が大切。

早く見つかれば、その分早く対策をすることができます。

まだ緑内障とは言えない状態であっても、異常があったことをきっかけに予防に取り組むこともできるはずです。

結論としては、

FDTは早期から鋭敏にNGTを検出でき、予防医療に導入可能と思われる。眼底写真との併用で有用性が増すものと考えられる。

出典:人間ドック24(3) 31-38 2009:正常眼圧緑内障早期発見を目的としたFrequency Doubling Technology視野計の予防医療導入の検討〔PDF〕
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ningendock/24/3/24_681/_pdf/-char/ja

とされています。予防医療が注目されている今だからこそ、自分でできる予防法にも力を入れて取り組みたいですよね。

完治することがない緑内障だからこそ、毎日の生活で注意しながらうまく付き合っていくことが重要です。各ページを見て、あなたに合った付き合い方をみつけてください。

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP