若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法

緑内障の進行を阻止する治療法&予防法

このページでは、緑内障の治療法と予防法について、さまざまなアプローチを探ってみました。

緑内障にならないためには

そもそも、緑内障とは原因不明の疾患です。そのため、予防が非常に難しい病気なのです。

また、緑内障の症状の進行を食い止める方法はあっても、欠けた視野を回復する方法は、現代の医学にはありません。正確に言うなら、確実に症状の進行を阻止できる方法も、今のところ、ありません。”治す病気ではなく付き合う病気”と言われるのは、そのためです。

とはいえ、完全にお手上げということではなく、大きく分けて3つの対処法があります。

1.西洋医学的なアプローチ

西洋医学的な治療法(症状の進行を食い止める方法)には、点眼薬や内服薬による治療と、レーザーや手術による外科的な治療があります。緑内障の種類、進行の度合い、年齢やその他の要因によって適切な治療方法が異なりますので、基本的には医師のすすめる治療を受けるべきでしょう。

ただし、それぞれのメリットとデメリットをよく理解し、時にはセカンドオピニオンを利用したり、東洋医学やサプリなどの併用に目を向けることも必要です。

2.東洋医学的なアプローチ

東洋医学的な方法の場合は、症状の進行を阻止する治療が発症の予防にも役立ちます。眼病は、両目に同時に同様な症状が出るとは限らないので、非常に有効な治療法と言えます。

また、漢方による治療の基本は医食同源なので、長く続けることによる副作用の心配がほとんどないことも、一生付き合う病気である緑内障へのアプローチとしては、大きなメリットです。

3.生活改善によるアプローチ

東洋医学によるアプローチに通じる部分もありますが、日常生活の中で緑内障にならないために注意をすることも重要かつ効果的です。

緑内障の原因の1つと考えられる血行不良は、喫煙や自律神経失調、メタボリックシンドロームなどでも引き起こされます。また、窮屈な服装やうつむいた姿勢での長時間労働や、大量のカフェイン摂取といったことも血流を悪くします。血行不良が原因の緑内障であれば、これらの習慣を改めるだけで、症状の悪化を防ぎ、予防にもつながるのです。

また、眼圧の上昇という点においては、抗鬱剤の服用やステロイドの使用も原因と考えられています。このような薬による眼圧の上昇は避けにくいものではありますが、副作用を把握しておくことで、定期的な検査を受けるなどの対策につながるはずです。

完治することがない緑内障だからこそ、毎日の生活で注意しながらうまく付き合っていくことが重要です。各ページを見て、あなたに合った付き合い方をみつけてください。

 
▲ページTOP