若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » 【東洋医学編】眼圧調整・視神経補強・体質改善で進行を阻止する&予防する

【東洋医学編】眼圧調整・視神経補強・体質改善で進行を阻止する&予防する

緑内障を東洋医学で改善&進行阻止をする考え方 について紹介します。

東洋医学では「目は肝に関わる」

西洋医学が目の病というと眼球そのものを見るのに対し、東洋医学は目と関係のある全身の器官についても着目します。

東洋医学の古典書には、「肝気は目に通ず、肝和すれば則ち目よく五色を弁ず、つまり、肝がよければ、目はさまざまな色をしっかりと捉えることができる」という記述があるほど。

漢方の考えの1つに「肝、心、脾、肺、腎」の5つの臓の相関関係を考える五行説がありますが、この中でも目は血・筋肉・子宮・爪などもとともに肝に属しています。

そのため、東洋医学で緑内障を診ると、まずは肝を健やかにすることが求められるのです。

また、緑内障は水滞(水の巡りが悪い)や瘀血といわれる血の滞りが関係しているとも言われています。血は使うところに集まるため、目を使いすぎると凝りや、瘀血が重なって水の巡りも悪くなり、眼圧上昇という症状になってしまったという考え方です。

いずれの場合も、漢方薬や漢方由来のサプリメントなどをうまく利用しながら緑内障とつきあうことになるでしょう。

東洋医学のメリットとデメリット

東洋医学にもメリットやデメリットがあります。以下にまとめてみました。

メリット

  • 副作用が少ないので、妊婦、子供、他の病気を患っている人でも利用できる
  • 身体全体を診るので、目と同時に身体全体が健康になる

東洋医学の一番のメリットは、副作用の少なさです。妊娠していたり、子どもだったり、他の病気を持っている場合は、副作用の少ない漢方薬や漢方由来サプリメントで緑内障に向かえるのは大きな安心となるでしょう。

デメリット

  • 即効性を感じにくい

東洋医学は身体全体を健やかにすることで、結果的に目を良くするという考え方ですので、即効性が感じにくいのがネックです。特に重度に進行している場合は、西洋医学との連携を持ちながら治療する方がよいでしょう。

関連記事

 
▲ページTOP