若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » 漢方薬による治療

漢方薬による治療

漢方薬での緑内障の治療について、まとめてみました。

身体全体と肝を良くして緑内障治療

漢方の基本的な考え方は、局部的な症状を抑えるのではなく、「全身を総合的に改善しバランスを整えることで各部の不調を解消する」というもの。五臓の働きが落ちると、身体の部位に症状が出るとされています。

その中で、目に症状が出ているのは肝臓が弱っているためと考えられており、弱っている肝臓をいたわる成分や肝臓の働きを助ける成分を摂ることにより、目の症状が改善するという理論です。

これは、西洋医学による「ストレスにより肝臓に負担がかかることによって血液循環が悪くなり、眼圧が上がる」「ストレスにより肝臓が弱って免疫力が下がり、涙の中にゴミが増えて隅角が詰まる原因となる」ということにも、矛盾しない考え方です。

さらに東洋医学では、何百年にも渡る経験の積み重ねである経験則を組み合わせます。長い歴史の中で、相乗的に働きを増強しかつ問題が起こらない生薬を配合するので、十分に効果を発揮させることができるのです。

漢方薬と生薬配合サプリメントの違いとは

簡単にいうと、漢方薬と和漢サプリメントの違いは、医薬品として承認されているかどうかの違いです。

和漢サプリは、漢方薬の理論に基づいて作られているものも多いので、漢方薬同様に、時には法で定められたものしか入れられない医薬品以上の効果をもたらしてくれるものもあります。

和漢サプリメントを長年飲んでいる緑内障の人の中には「心臓病や高血圧などの薬が多いから、飲み合わせが不安だった。和漢サプリメントは食品なので、例えば風邪を引いたときでも気軽に西洋薬を飲むことができる。もちろん、目の健康も維持できています」と話す方もいます。

また、正常眼圧緑内障など高眼圧が理由ではない緑内障の方の、「身体全体を整えることで目も身体も健康になった」という声もあります。

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP