若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » ツボ治療

ツボ治療

ツボは東洋医学ではポピュラーな治療法です。緑内障にも効果が期待できるものを紹介します。

緑内障に効果が期待できるツボとは

緑内障のツボ治療のイメージイラスト

東洋医学で気の流れを示す経絡上にあるものがツボです。

緑内障の原因のひとつに、血行が悪くなったことで視神経が弱くなるということがあります。ツボ刺激により血行を良くすることで、緑内障の予防や改善が期待できるのです。

ツボ刺激の方法はハリや灸、指圧などさまざまですが、自宅で自分で簡単で行うなら、指圧がオススメ。入浴後など、目をよく温めた後の心身がリラックスしているときに行いましょう。

目に効くツボ

目に効くツボを紹介します。

  • 攅竹(さんちく)
    眉頭の内側の、目の上の骨縁の少しくぼんだところにあるツボです
  • 晴明(せいめい)
    目頭の左右のくぼんだところ、鼻の付け根の横側にあるツボです
  • 太陽(たいよう)
    こめかみの下の、少しくぼんだ部分にあるツボです
  • 風池(ふうち)
    首の後ろの髪の生え際で、耳と首の骨の中間にある少しくぼんだ部分にあるツボです

その他、涙の分泌を促すといわれる耳の後ろのツボなどを刺激するのも効果があるといわれています。

ツボの圧し方

ツボはとにかく強く圧せばいいというものではありません。特に目の周りのツボは、強すぎる刺激を与えると帰って負担が大きくなってしまいます。

ツボ押しのポイントは、両手の中指や薬指など力が入れにくい指で、指の腹を使うようにしてやさしく圧すこと。軽く皮膚が動く程度に圧しながら動かすのもオススメです。

また、鍼灸院の中には、目の周りの特殊なツボにハリで刺激をすることによって、緑内障の改善を目指しているところもあります。本格的なツボ治療を行うならまずはこちらのページや周囲の人の評判などをよく聞いて、鍼灸院を選ぶとよいでしょう。

ツボ治療だけで成果をもたらすのは難しい場合があります。同じ東洋医学の漢方や和漢サプリメントを併用するのもいいかもしれません。

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP