若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントリスト
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » 運動で緑内障を予防する

運動で緑内障を予防する

緑内障の予防には、運動習慣が大切です。どうして運動が緑内障予防にいいのかについて考えてみましょう。

緑内障予防に運動がいい理由

日本緑内障学会が公表している緑内障のガイドライン(第3版)では、眼圧の高さが、緑内障の発症や進行のリスクを高める要因として指摘されています。つまり、緑内障を予防するためには、眼圧を高くしないための生活習慣を心がけることが大切です。眼圧は、食事や季節などいろいろな要因によって変化するのですが、運動は眼圧を下げるために有効と言われています。

出典:『緑内障診療ガイドライン』第3版 日本緑内障学会 http://www.ryokunaisho.jp/guidelines/guidelines_all.pdf

実際に、海外の医学誌『Journal of Optometry』から発表されたニューサウスウェールズ大学のウィリアム氏が発表した論文でも、エクササイズをすることで眼圧が下がり緑内障の発症リスクを低下させることができる可能性が指摘されています。緑内障になっていない方でも、日頃の運動で眼圧を低くキープできれば緑内障予防ができる可能性は大いにあるのです。

出典:『Intraocular pressure and glaucoma: Is physical exercise beneficial or a risk?』Journal of Optometry 2016 Jul-Sep https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4911456/

緑内障予防にオススメの運動

目の健康だけでなく全身の健康にもいい影響を及ぼす運動、しない手はありませんよね。眼圧を下げて緑内障予防につなげるためにはどんな運動がいいのでしょうか? おすすめの運動をご紹介します。

ジョギング

あまり運動習慣がない方でも気軽に始められるのが、自分にできるペースで走れるジョギングです。眼圧を下げるためには、速く走る必要はなく、ゆっくり身体に無理のないスピードで走ればいいのでハードルが低いですよね。 5kmを1時間ほどかけて走るスロージョギングは、カロリー消費量もウォーキングの約2倍。血流が高まるのでオススメです。 呼吸が苦しくない程度のスピードで走ってみましょう。

ヨガやストレッチ

血行不良を解消してくれるヨガやストレッチも眼圧の上昇を防いで緑内障を予防するためには有効です。ただし、最近の研究では、ヨガのポーズの中には眼圧をかえって上げてしまうポーズもあることが報告されています。 頭を下にする前屈のポーズなどは避けるようにして、適度なストレッチを心がけましょう。

水中ウォーキング

足腰に負担がかからず、高齢の方でもできる水中ウォーキングも有酸素運動のため、血流を高めて眼圧を下げてくれる運動です。ゆっくりでいいので、定期的にプールに通って水中ウォーキングを心がけてみてはいかがでしょうか?

生活改善で緑内障を予防しよう!

緑内障のリスクを高めてしまう眼圧の上昇を防ぐ運動は、緑内障予防に非常に効果的です。体を動かすことでストレスも発散でき、夜もぐっすり眠れるようになります。ストレスは、眼圧を高くする原因として指摘されていますから、運動でストレスを緩和することも緑内障予防にもいい影響を及ぼします。 ぜひ、適度に体を動かして、緑内障リスクを下げる生活習慣を心がけてみましょう。運動で目の健康も体の健康もキープしたいですね。

目にいい成分を手軽に摂れる生薬配合サプリメントを探す >>

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP