若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントリスト
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » 【生活改善編】体質改善で進行を阻止する&予防する

【生活改善編】体質改善で進行を阻止する&予防する

緑内障そのものを生活習慣だけで改善することはできません。けれども、進行を遅らせる、予防するという意味では生活習慣の改善が欠かせません。特に30代~40代の若年性緑内障のリスクが高い人は、できるだけ生活を整えるとよいでしょう。

基本は「医食同源」

生活習慣によって緑内障を予防、改善しようという考え方は、西洋医学よりも東洋医学に近いものです。東洋医学には医食同源という言葉があるように、病気を治す薬も食事も同じくらい大切にされてきました。それと同時に、体質が左右される生活習慣も重視されています。

ここで最も重要視しているのが、血行不良による視神経の弱さの改善と、血流をよくすることです。東洋医学では冷えは万病のもととされていますが、現在の多くの日本人がそれと自覚していないにも関わらず、身体が冷えている状態です。一見健康そうな人でも身体の冷えによって、血行が悪くなり、いわゆるドロドロ血ができ上がっているケースもあります。こうした見えない不良(東洋医学的には未病の状態)が続くことで、肝、そして眼に異常が生じてしまうのです。

ここでは、生活改善を「食生活の改善」と「眼精疲労の回復」「ストレス回避」という3つのポイントに絞って考えてみました。近年は30代、40代の若年性緑内障が目立っています。にも関わらず、若い人ほど生活習慣が乱れがちです。特に、緑内障の遺伝をもつタイプの人は、早めに生活習慣を改善し、緑内障にならない、なっても進行しにくい体質になっておくことが重要でしょう。

食生活を改善する

日々の食生活は、私たちの体を作る栄養素を摂りこむためにとても大切です。

食生活が乱れていると、すぐに体調の変化が現れます。また、年代によっても食事は考え直さなくてはいけません。若いころと同じように食べていても、年齢を重ねてからは身体に大きな負担がかかってしまうことも。

緑内障の進行を遅らせる、予防するために食生活を改善するのであれば、 ポイントとなるのは糖分・アルコールを控えること、そして眼に良いとされている食べ物を食べることです。糖分やアルコールは、嗜好品を好む人は多く摂りすぎている可能性が高いでしょう。また、同時に脂質の摂りすぎも要注意。血液がドロドロになって目にいい栄養が運ばれにくくなってしまうので気を付けたいですね。またアルコールは肝臓に負担をかけるため、東洋医学では目に影響が出るとされています。

食生活は栄養のあるものをバランスよく、そして糖分とアルコールは控えめにしてくださいね。

「食生活を改善する」の詳細はこちら>>

眼精疲労を回復させる

目の疲れを日々感じている人は多いのではないでしょうか。 目を使いすぎると、眼精疲労から緑内障のきっかけになってしまいます。 普段から目を酷使しているなと感じる人は、適度に目を休める生活を始めてみましょう。

特に、テレビやパソコン、スマホの画面から発生しているブルーライトは目の疲れを招く大きな原因。画面との距離を適度に保ち、可能であればブルーライト対策がされている眼鏡をかけるなど、自分でも気軽にできる対策から始めてみましょう。

また疲れたなと感じた時、1日の終わりには目を温めてコリをほぐしてあげることをおすすめします。

「眼精疲労を回復させる」の詳細はこちら>>

ストレスを避ける

ストレスによって、肝臓の機能が弱ったり血行不良になったりすることで、緑内障を招く恐れがあるとされています。特に最近は眼圧が正常なのに緑内障になる人も増えているのだとか、これはストレスが血行不良を招き、視神経に栄養が運ばれないことによって起こってしまうといわれているので気を付けなくてはいけません。

ストレスを受けずに生活するのは難しいと思いますが、ストレス対策をしてため込まないようにしてください。 ストレスは精神的ストレスだけでなく、肉体的ストレスも含みます。 疲れた時はちゃんと休む、気分が落ち込んだりしている時は楽しいことをするなどストレスと上手に付き合っていきましょう。

「ストレスを避ける」の詳細はこちら>>

サプリメントで予防する

緑内障の症状は、放置しておくとどんどん進行して失明の恐れもあります。そうならないために、少しでも症状を食い止める対策が必要です。サプリメントは、目に必要な栄養を含んだ健康食品。食事のバランスも整えながら、それでも不足してしまう栄養素はサプリメントで摂取しましょう。

「サプリメントで予防する」の詳細はこちら>>

運動で緑内障を予防する

運動不足になっている人は、緑内障対策として運動をおすすめします。運動は眼圧を下げるために効果的とされているからです。ただし、いきなり激しい運動は疲れやすくなり続かなくなるので、まず自分ができる範囲の運動から始めてください。運動するのって楽しいな、と思えば長く続けられるはずです。

「運動で緑内障を予防する」の詳細はこちら>>

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP