若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » 眼精疲労を回復させる

眼精疲労を回復させる

緑内障の予防のためにできること、次は眼精疲労からの回復について考えてみます。

眼精疲労の改善1:目を使いすぎない

眼精疲労の1番の原因は、目の使い過ぎです。スマホが普及している現代、私たちは常にスマホを片手に情報を取り出しています。特に若い世代はテレビよりもスマホやタブレットを重視して、朝から寝る直前まで離さないというケースも多いようです。

スマホやタブレットの問題点は、画面と目が近すぎることです。また、ずっと画面を凝視することによって、まばたきが減り、ドライアイになるというリスクもあります。なにより、外の景色を眺めたりすることが減るため、目の筋肉の運動が少なくなり、目の血行が悪くなるのです。

さらに、パソコンを使うような仕事では、文字通り朝から夜まで目を酷使している生活になりがちです。目の疲れを癒す為にも、スマホやタブレットの使用を少しでも控えるとよいでしょう。

眼精疲労の改善2:ブルーライト対策をする

上記に関連することですが、スマホやタブレット、パソコンからのブルーライトは、目の疲労を加速させてしまうと言われています。

テレビなら少なくとも50cm~1mは離れて見ていたのに対し、スマホやタブレット、パソコンは、目と画面の距離が30cm以内であることも、ブルーライトの影響を受けやすくなっている原因。

使用時間が長い人は、ブルーライト対策を万全にすることでも眼精疲労の改善につながります。ブルーライトを軽減してくれるフィルターを活用したり、ブルーライトをブロックする眼鏡などを活用しましょう。

眼精疲労の改善3:目を温める

それでも目が疲れてしまったという場合は、目の周りの血行を良くすることで疲労回復できることがわかっています。

ツボ圧しも効果がありますし、温かくなるアイマスクなどで目を温めるのも効果的です。何も道具がない場合でも、手のひらを少しすぼめるようにして、自分の手で目を覆うだけでも疲労回復につながります。

方法を間違えると緑内障のリスクが高まることも?

眼精疲労を回避したり、改善したりすることは、緑内障の患者さんや緑内障の疑いがある方にとってはとても重要ですが、やってはいけない方法もあります。

たとえば、目に圧力をかける方法。レンジで温めるタイプの重みのあるアイマスクや、目元に電気刺激を加えるエステ器具は、目にストレスを与え眼圧に影響する可能性があります。温めるマスクは軽いものを選ぶ必要があるでしょう。

さらに、眼球の上をおさえるようなマッサージも禁物です。自分でマッサージする時は、眼球の上をおさえないように、目の周りのみにしましょう。

この他、眼精疲労からの回復については、サプリメントも効果的です。

目にいい成分を手軽に摂れる生薬配合サプリメントを探す >>

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP