若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントリスト
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » 眼精疲労を回復させる

眼精疲労を回復させる

緑内障の予防のためにできること、次は眼精疲労からの回復について考えてみます。

眼精疲労の原因

目を酷使することが増えた現代社会では、眼精疲労になることも多く、そこからさまざまな不調や視力の低下などを訴える人も増えてきています。日本眼科学会によると、眼精疲労の定義とは「目を使う仕事や作業を続けることによって、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が現れ、休息や睡眠をとっても十分に回復しない状態」という定義があります。

いわゆる「疲れ目」と同義に使われることも多いですが、疲れ目は一時的な目の疲れのことで、休息や睡眠をとれば自然に回復し、体への影響もほとんどないと言われています。それに対して「眼精疲労」は、目の痛みや充血、乾燥やまぶしさなどだけでなく肩こりや頭痛、全身の倦怠感やイライラするなど全身や精神状態にも影響が出て、自然に回復しないのが問題になっています。

眼精疲労の主な原因は、長時間手元で作業をするために近くを見続けることにより、目の筋肉が疲労してしまうこと。最近では、特にパソコンでの作業やスマホなどを見ることが増えたため、昔よりも眼精疲労に陥っている人が多いと言えます。また、暗い所で作業をしていてピントを合わせるために目の筋肉に負担をかけてしまったり、緑内障や白内障、加齢による老眼などによって目に負担をかけている可能性もあります。

単に目を酷使しているというわけではなく、さまざまなことが原因として考えられるので、目の疲れによる頭痛や肩こりを感じた時には、何が原因なのかを突き止めてそれを改善していかないとなかなか回復できないでしょう。

眼精疲労の改善1:目を使いすぎない

眼精疲労の1番の原因は、目の使い過ぎです。スマホが普及している現代、私たちは常にスマホを片手に情報を取り出しています。特に若い世代はテレビよりもスマホやタブレットを重視して、朝から寝る直前まで離さないというケースも多いようです。

スマホやタブレットの問題点は、画面と目が近すぎることです。また、ずっと画面を凝視することによって、まばたきが減り、ドライアイになるというリスクもあります。なにより、外の景色を眺めたりすることが減るため、目の筋肉の運動が少なくなり、目の血行が悪くなるのです。

さらに、パソコンを使うような仕事では、文字通り朝から夜まで目を酷使している生活になりがちです。目の疲れを癒す為にも、スマホやタブレットの使用を少しでも控えるとよいでしょう。

眼精疲労の改善2:ブルーライト対策をする

上記に関連することですが、スマホやタブレット、パソコンからのブルーライトは、目の疲労を加速させてしまうと言われています。

テレビなら少なくとも50cm~1mは離れて見ていたのに対し、スマホやタブレット、パソコンは、目と画面の距離が30cm以内であることも、ブルーライトの影響を受けやすくなっている原因。

使用時間が長い人は、ブルーライト対策を万全にすることでも眼精疲労の改善につながります。ブルーライトを軽減してくれるフィルターを活用したり、ブルーライトをブロックする眼鏡などを活用しましょう。

眼精疲労の改善3:目を温める

それでも目が疲れてしまったという場合は、目の周りの血行を良くすることで疲労回復できることがわかっています。

ツボ圧しも効果がありますし、温かくなるアイマスクなどで目を温めるのも効果的です。何も道具がない場合でも、手のひらを少しすぼめるようにして、自分の手で目を覆うだけでも疲労回復につながります。

眼精疲労の改善4:自分の目に合った矯正方法をとる(眼鏡・コンタクトレンズなど)

眼精疲労の意外な原因として、目や視力に合っていない矯正を行っている場合があります。たとえば、以前とは視力が変わっているのに昔の眼鏡を長期間使用していて、ピントを合わせるために目に負荷をかけていたり、乱視であることに気づかずに近視の矯正のみ行っていたりすることがあります。

また、近視の人が度の強すぎる眼鏡を使用していると、目の筋肉を緊張させて必要以上に疲れさせているかもしれません。よく見えているので矯正が合っていると思いがちですが、見えすぎるのもよくありませんので、メガネやコンタクトなどで矯正している人は、たびたび視力検査などを行って、適正な度数の眼鏡などを使用して目を疲れさせないようにしましょう。

目に合わない矯正を続けていると眼精疲労になりやすいので、ほかに原因がないのにいろいろな症状が出るという場合は、矯正が合っていない可能性も考えてみてください。

方法を間違えると緑内障のリスクが高まることも?

眼精疲労を回避したり、改善したりすることは、緑内障の患者さんや緑内障の疑いがある方にとってはとても重要ですが、やってはいけない方法もあります。

たとえば、目に圧力をかける方法。レンジで温めるタイプの重みのあるアイマスクや、目元に電気刺激を加えるエステ器具は、目にストレスを与え眼圧に影響する可能性があります。温めるマスクは軽いものを選ぶ必要があるでしょう。

さらに、眼球の上をおさえるようなマッサージも禁物です。自分でマッサージする時は、眼球の上をおさえないように、目の周りのみにしましょう。

この他、眼精疲労からの回復については、サプリメントも効果的です。

眼精疲労におすすめのサプリ

眼精疲労を回復させるには、目を休ませることなども効果的ですが、目にいい栄養素を積極的に摂取することで、回復を助けることもできます。目にいい栄養素は非常に豊富にあり、緑内障などの目の病気の予防にも役立つほか、眼精疲労にも効果的な栄養素もたくさんあります。

代表的な栄養素に「ルテイン」や「ゼアキサンチン」などがありますが、十分な量を毎日食材から摂取するのは簡単なことではありません。そこで、栄養素を摂取するためには、特に目にいい成分ばかりを集めたサプリメントの利用をおすすめします。薬ではないので、それを飲めば劇的に視力がよくなるとか、眼精疲労が回復するというわけではありませんが、継続して飲み続けることで視力が維持しやすくなったり、目の病気になりにくくなったりといった効果が期待できますので、ほかの予防法や改善方法とともに、手軽に摂取できるサプリメントの利用を検討してみることをおすすめします。

目にいい栄養素やサプリメントについては、こちらのサイトでも詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

目にいい成分を手軽に摂れる生薬配合サプリメントを探す >>

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP