若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » ストレスを避ける

ストレスを避ける

緑内障の予防のためにできること、最後はストレスを避ける生活です。

ストレスと眼圧上昇

ストレスによって緑内障になるというと、あまり信じられないかもしれませんが、近年はこうした指摘も増えているのが現状です。

ストレスが増えると肝臓への負担が大きくなることがわかっていますが、東洋医学では目に症状が出るのは肝が弱っているためだと考えられています。そのため、肝の働きをよくすれば目の症状も改善できると考えられているのです。

これを西洋医学的に説明すると、「ストレスにより肝臓に負担がかかり、血液循環が悪くなって、眼圧が上がる」「ストレスにより肝臓が弱って免疫力が下がり、涙や房水の中にゴミが増えて隅角が詰まる原因となる」となります。

また、最近は、高眼圧により発症する典型的な緑内障よりも、眼圧は正常であるにも関わらず症状が出る正常眼圧緑内障が増加傾向にあります。

これは、ストレスが原因で視神経への血の巡りが慢性的に悪くなり、正常眼圧であるにも関わらず視神経に障害が起きてしまうとも言われているのです。

ストレスを避けるには

毎日の生活の中でストレスを避け続けることは難しいもの。ここで確認したいのが「ストレス」の意味です。心に負担を感じることだけがストレスではありません

たとえば、スマホの長時間使用や、タバコの吸い過ぎ、お酒の飲み過ぎも身体にとってはストレスになります。また、紫外線を浴び続けたりすることも、皮膚や目にとってはストレスです。

精神的なものだけでなく、こうした肉体的なストレスを避けるだけでも、繊細な構造を持つ目にとってはかなりの負担減となるので、つまりは、精神的なストレス発散と肉体的なストレスの回避をうまく組み合わせることが大切と言えるでしょう。

ただし、精神的なストレスをすぐに発散するのはなかなか難しいものです。サプリメントなどを利用して肝臓機能の回復を図る方法なら手軽にできるかもしれませんね。

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP