若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » サプリメントで予防する

サプリメントで予防する

こちらでは緑内障の予防や改善に効果が期待できるサプリメントについてご紹介しています。

緑内障の予防と改善に必要なことは?

緑内障は症状が進行すると、失明のリスクもある恐ろしい眼病です。世界的に失明の大きな要因となっている緑内障ですが、予防や進行を阻止するための方法はいくつかあります。

  • 目の健康を保つための栄養素を摂取する
  • 糖分やトランス脂肪酸が含まれる食品を避ける
  • 血圧を正常値に保つようにする
  • 定期的に運動をする

血圧が上がると眼圧も上がり、緑内障が進行しやすくなります。緑内障の予防と改善には、血圧を正常に保つために糖分の摂取を控え、定期的に運動をし、目の健康を維持するための栄養素を摂取することが欠かせません。

目の健康を保つための栄養素を含んだ食品

目の健康を保つための栄養素を含んだ食品とは、どのようなものがあるのでしょうか。目の健康を保つ栄養素にはたくさんの種類がありますが、こちらでは視力を保つための成分として最も注目度の高い「ルテイン」と「ゼアキサンチン」について触れてみたいと思います。

ルテインはケールやほうれん草、ブロッコリー、芽キャベツ、その他卵黄にも含まれています。 ゼアキサンチンはパプリカ、ほうれん草、ブロッコリー、トウモロコシなどの野菜や、パパイヤ、マンゴー、卵黄などに含まれています。

比較的簡単に手に入れられる食材ですが、実はルテインとゼアキサンチンは同時に摂取してこそ効果を発揮するといわれています。 さらに十分な摂取量をとるには、ほうれん草ならば1日100g(およそ1束分)を食べなければならないので、毎日継続させるのは難しいのが現実です。

緑内障の予防・改善をサポートするにはサプリメントがおすすめ

食品から栄養素をとるのは大変ですが、サプリメントなら毎日楽に続けられ、他の栄養素もとることができます。もちろん、ルテインとゼアキサンチンも同時に摂取可能です。

緑内障改善サプリメントの特徴とメリット

緑内障の改善と予防に効果が期待できるサプリメントの特徴と、メリットについて具体的にご紹介します。

<サプリメントの特徴>

  • 抗酸化作用を持つカルチノイドを含んでいる
  • 眼球を充たす体液である房水の排出を促進させる成分を配合
  • 視神経の強化成分を配合
  • 眼圧の上昇を阻止する成分を配合
  • 目の疲れを和らげる成分を配合

<サプリメントのメリット>

  • 房水の排出と眼圧上昇阻止の両面から眼圧を正常に保てる
  • 眼の疲れを和らげることによって視力の低下を阻止
  • 漢方を使用しているので副作用のリスクが少ない
  • 薬物ではなく自然食品の力で改善を目指せる
  • 簡単に続けられるから効果を実感しやすい

アワビの緑内障に対する有効性について

緑内障の予防と改善ができるサプリメントの成分として、よく耳にするのがアワビ。実はアワビには目に良いとされる成分が豊富に含まれていて、アワビの殻まで眼病の漢方薬に使用されているほどなのです。

タウリン

視神経細胞を強化することによって視力を維持する

ビタミンA

目の採光機能を高めることで夜間の視力を向上させる

亜鉛

年齢による衰えから網膜を守り、夜間の視力を向上させる

真珠タンパク

房水の排出を高める

有効成分をみても、緑内障の予防と改善には欠かせない食品だといえるでしょう。

クコの実の緑内障に対する有効性について

クコの実は漢方薬としても古くから使用されており、その効果は緑内障とは切っても切れないもの。 視力改善から老眼予防、眼圧の低下、房水の排出促進などの効果が期待できるので、緑内障の予防と改善のためには積極的に摂取したいものです。

ゼアキサンチン

抗酸化作用があり、目の細胞の酸化を予防して視力を保護する

ルテイン

黄斑変性症を予防し、抗酸化作用によって視力を保護する

アワビの成分に加えて、ゼアキサンチン、ルテインなどのカロテノイドを配合したサプリメントは、飲むだけで手軽に緑内障の予防・改善効果が期待できます。いつまでも綺麗な視界を保つためには、緑内障のために効果的なサプリメントがおすすめです。

目にいい成分を手軽に摂れる生薬配合サプリメントを探す >>

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP