若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » 【西洋医学編】眼圧調整で進行を阻止する

【西洋医学編】眼圧調整で進行を阻止する

 ここでは、西洋医学で緑内障を治療する方法について考察します。

眼圧を調整して緑内障の進行を食い止める

現在、多くの医療機関で採用されている治療法は、眼圧を下げることです。眼圧を下げる方法はさまざまですが、いずれの方法であっても、眼圧が下がれば視野が欠けてしまうという緑内障の症状の進行を食い止められることがわかっています。

そのため、完治することがない緑内障との付き合い方としては、この西洋医学での治療がメインとなっているのです。

しかし、治療を選択する上ではメリットとデメリットをきちんと把握しておく必要があります。西洋医学での緑内障治療のメリットとデメリットについて考えてみました。

メリット

  • 効果がわかりやすい
  • 即効性がある

西洋医学での緑内障治療の大きなメリットは、その効果の有無がわかりやすいことです。

比較的効果がわかりにくい内服薬であっても数値によって改善したかどうかがわかりますし、レーザー治療や手術であれば、その効果はすぐにわかります。即効性があるので、これ以上どうしても進行をさせたくない、という緊急性の高い時には良いでしょう。

デメリット

  • 怖い
  • 副作用がある

もちろん、メリットがあればデメリットもあります。一番の問題は、手術やレーザー治療の場合の恐怖感です。

また、レーザーなどの治療は副作用や事故なども報告されているため、どうしても気持ちの上でハードルが高い人もいるでしょう。さらに、他の治療をしている場合は薬の飲み合わせなどで治療がしにくいという面もあります。

西洋医学での治療を選択する場合は、これらのメリットデメリットを理解したうえで、医師と相談の上で進めることが重要となるでしょう。

関連記事

 

 
▲ページTOP