若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » レーザーによる治療

レーザーによる治療

緑内障の治療では、レーザーによる治療も行われます。代表的な2つの方法について紹介します。

レーザー虹彩切開術

緑内障の症状のひとつ、閉塞隅角緑内障では、目の器官である隅角にある線維柱帯というフィルターに細かい細胞のカスなどが溜まり、房水の流れが悪くなってしまうことで眼圧が上がります。

この房水の排出不良を解消するための手段のひとつが虹彩切開術です。これは、文字通り虹彩に孔をあけて、房水の流れるバイパスを作成するという治療法で、特に急性緑内障の解消や予防に役立っています。

レーザー線維柱帯形成術

レーザー治療のもうひとつの方法が、レーザー繊維柱帯形成術です。これは強いレーザーを当てて、フィルターである線維柱帯の通りをよくする手法ですが、レーザー光線を当てた部分の線維柱帯が壊れてしまい、時間がたつと眼圧がまた上がって来るという欠点がありました。

最近では、新しい機械が開発され、線維柱帯の中に詰まった細胞のカスだけをレーザーで蒸発させるので、線維柱帯が壊れないので何度でも治療することができるようになりました。

レーザー治療のメリットとデメリット

緑内障のレーザー治療のイメージイラスト

レーザー治療がうまくいけば、緑内障の進行をほぼ完全にストップすることができます。しかし、レーザーによる衝撃によって眼球内炎症が生じたり、出血する可能性があるなど、デメリットが大きいのも、レーザー治療の特徴です。

また、レーザーは「怖い」「失敗したらどうしよう」という患者側の気持ちのハードルが高いのも、大きなネックになっています。どうしても心理的な抵抗が多い人は、副作用の少ない漢方薬など、東洋医学的なアプローチを試してみるのも良いでしょう。

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP