若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » 手術による治療

手術による治療

緑内障の西洋医学的アプローチのひとつ、手術について紹介します。

虹彩切開術

虹彩切開術は虹彩に孔をあけて房水の流れるバイパスを作製し、急性緑内障の解消、あるいは予防をします。

今ではレーザーによる治療で同等の効果をねらえるため、手術を選択する人は少ないようです。

繊維柱帯切開術

繊維柱帯切開術は、眼球内の房水の出口である繊維柱帯を切開して拡げる手術です。

切開することで、房水が出やすくなるため、結果的に眼圧を下げることができます。この手術は比較的早期の緑内障にも実施されることがあります。

繊維柱帯切除術

繊維柱帯切除術は、詰まってしまった繊維柱帯を切除してバイパスをつくり、房水を外に出す手術です。緑内障の進行を高める効果が強いですが、外から菌が入りやすくなるというデメリットがあります。

手術のメリットとデメリット

手術には、点眼薬や内服薬での治療に比べて、大きなメリットとデメリットがあります。

ある患者さんは、繊維柱帯切開術を行ったことにより、眼圧が正常になり毎日の点眼薬からも解放されました。

「手術は正直に言えば、ものすごく怖かった。全身麻酔ではないので、自分が手術しているところを見るのも苦痛だったけど、結果的に煩わしい点眼からも解放されて、進行していくというリスクもなくなり、結果的にはすべてOKだと思う。」とのことです。

一方で、手術しても眼圧が下がらず、失明してしまうケースもあります。

「気づいたときには重度の緑内障で、繊維柱帯切除術を選ぶしかありませんでした。けれども、このときに使用した薬の副作用で、その後、結膜が薄くなって破れてしまい、片目は失明してしまいました。もちろん、手術しなければいずれ失明するというほどの重度の緑内障だったので、結果は同じだったかもしれません。でも、手術していなかったら…という気持ちがどうしてもぬぐえないのも事実です。」というのです。

手術はハイリスクハイリターンの治療法です。徐々に進行を止める漢方薬などでの治療とは、良くも悪くも一線を画すものとしか言いようがありません。医師だけでなく家族ともしっかり相談して、後悔のない方法を選びましょう。

 
▲ページTOP