若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントリスト
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » 手術による治療

手術による治療

緑内障の西洋医学的アプローチのひとつ、手術について紹介します。

虹彩切開術

虹彩切開術は虹彩に孔をあけて房水の流れるバイパスを作製し、急性緑内障の解消、あるいは予防をします。

今ではレーザーによる治療で同等の効果をねらえるため、手術を選択する人は少ないようです。

繊維柱帯切開術

繊維柱帯切開術は、眼球内の房水の出口である繊維柱帯を切開して拡げる手術です。

切開することで、房水が出やすくなるため、結果的に眼圧を下げることができます。この手術は比較的早期の緑内障にも実施されることがあります。

繊維柱帯切除術

繊維柱帯切除術は、詰まってしまった繊維柱帯を切除してバイパスをつくり、房水を外に出す手術です。緑内障の進行を高める効果が強いですが、外から菌が入りやすくなるというデメリットがあります。

手術のメリットとデメリット

手術には、点眼薬や内服薬での治療に比べて、大きなメリットとデメリットがあります。

ある患者さんは、繊維柱帯切開術を行ったことにより、眼圧が正常になり毎日の点眼薬からも解放されました。

「手術は正直に言えば、ものすごく怖かった。全身麻酔ではないので、自分が手術しているところを見るのも苦痛だったけど、結果的に煩わしい点眼からも解放されて、進行していくというリスクもなくなり、結果的にはすべてOKだと思う。」とのことです。

一方で、手術しても眼圧が下がらず、失明してしまうケースもあります。

「気づいたときには重度の緑内障で、繊維柱帯切除術を選ぶしかありませんでした。けれども、このときに使用した薬の副作用で、その後、結膜が薄くなって破れてしまい、片目は失明してしまいました。もちろん、手術しなければいずれ失明するというほどの重度の緑内障だったので、結果は同じだったかもしれません。でも、手術していなかったら…という気持ちがどうしてもぬぐえないのも事実です。」というのです。

手術はハイリスクハイリターンの治療法です。徐々に進行を止める漢方薬などでの治療とは、良くも悪くも一線を画すものとしか言いようがありません。医師だけでなく家族ともしっかり相談して、後悔のない方法を選びましょう。

日帰りの手術は受けられる?

緑内障の治療で手術を受けるケースは、眼圧下降点眼薬を使って眼圧を低下させようと思っても低下していかない、慢性緑内障になってしまっている、点眼薬が使えない、というケースです。でも、手術と考えるととても大げさで、生活にも支障が出てしまうから…とためらってしまいますよね。しかし、手術といっても大げさに考える必要はありません。最近では緑内障は、日帰り手術を受けられる病院が増えています。

日帰り手術にすることで、入院といった手間がなくなるだけでなく、回復までの期間が早くその分社会復帰も早くできる、入院費用の問題も軽減し、経済的な負担が少なくなる…といったメリットがあるでしょう。

ただし、すべての手術が日帰りでできる、というわけではありません。なかには入院しないと受けられない手術もあるので、まずは日帰りでできるかどうか医師に相談してみてください。また、最近は日帰りに対応してくれる病院が増えているとはいえ、まだまだ数は限られています。日帰り手術を希望する場合は、対応可能な病院に相談してくださいね。

最近2年間に行った緑内障の日帰り手術と入院手術の成績について比較検討した。日帰りによる緑内障手術は14眼,入院手術は31眼に行われ,手術術式と術後ケアに注意さえすれば術後合併症の頻度と眼圧コントロールは両者の間に有意差がなかった。症例を選べば緑内障手術においても日帰り手術は可能と考えられた。

出典:『臨床眼科 緑内障日帰り手術の成績』千原 悦夫, 董 瑾, 劉 驍, 橋本 雅, 落合 優子, 落合 春幸
http://medicalfinder.jp/doi/pdf/10.11477/mf.1410904752

手術にかかる時間は?

手術はどんな手術機材を使うのか、そしてどれほど経験がある医師が手術をするのかによっても時間はかわりますが、目安は1時間から1時間半ほどです。それほど長い手術ではないので、日帰りでも十分可能といえるでしょう。

ただし、緑内障の手術は基本的に局所麻酔になります。全身麻酔であれば眠っているような状態ですが、眼だけに麻酔をかけているため、記憶はしっかりとある状態で手術が行われていきます。そのため、意識がありながらの手術となると、たった1時間でも長く感じてしまうでしょう。

トイレに行きたくなった、体を動かしたい…というときは、いきなり動いてしまうと眼に傷がついて危険なので、医師に早めに伝えてくださいね。またくしゃみや咳などにも注意が必要です。

手術は痛い?

手術となると、痛みが心配ですよね。でも、あまり心配する必要はないでしょう

局所麻酔をかけて手術をします。どんな手術をするかを事前に決めるため、手術にかかる時間よりも長めに麻酔をかけることが多いので、手術の間は全く痛みを感じません。ただし、局所麻酔なので意識はしっかりとあります。見えている状態でさまざまなことが行われていくので、眼にメスを入れるという行為を目にする恐さはありますよね。やはり恐さによって感じていない痛みをなんとなく感じる…という人もいます。また、治療をする場所によっては、チクっとした瞬間的な痛みは麻酔をしていても感じる可能性があるでしょう。

その際は、痛みがあってもびっくりして動いたりしないように気をつけてください。動いてしまうと、医師の手先が狂って傷つけてしまう恐れがあります。

また、痛みに注意しなくてはいけないのは、手術を終えて麻酔が切れた後ですね。麻酔をしている間は何ともなかったはずなのに、切れてくると痛みがじわじわと押し寄せてくることも考えられます。夜も眠れないほどの痛みが出る可能性もあり、鎮痛剤は必ず処方されます。

術後の痛みに関してはある程度覚悟しておかなくてはいけないため、医師に相談して痛みを適切にコントロールしていきましょう。

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP