若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 緑内障の進行を阻止する治療法&予防法 » 【特集】緑内障治療で定評のある医療機関一覧

【特集】緑内障治療で定評のある医療機関一覧

ここでは、緑内障の治療で定評のある医療機関、緑内障治療の名医と呼ばれる医師について紹介します。

秋田大学医学部附属病院(秋田県)

吉冨健志先生

九州大学医学部付属病院などを歴任後、米国エール大学に。帰国後は北里大学の眼科助教授として活躍、2003年より秋田大学医学部感覚器学講座眼科学分野教授。緑内障手術にインプラント手術等の新しい手法を取り入れた名医として知られています。

関東中央病院(東京都)

新家眞先生

東京大学附属病院助手を経て講師、助教授、そして1997年には東京大学医学部眼科学教室教授へ。臨床の傍らで緑内障に関する臨床研究とマウス、ラット、猿などを利用した基礎研究も行っている緑内障の権威的存在の名医です。

東邦大学医療センター大橋病院(東京都)

富田剛司先生

1986年緑内障学研究のため米国留学。1992年客員研究員としてフィンランド留学、2007年には東邦大学医療センター大橋病院眼科診療部教授就任。日本緑内障学会理事、やガイドライン作成委員もつとめ、緑内障治療に関して世界最高レベルの医療を提供しています。

横浜相鉄ビル眼科医院(神奈川県)

大高功先生

1993年慶応義塾大学医学部眼科学教室入局。1994年に亀田総合病院(千葉県鴨川市東町)眼科医、1996年マイアミのMiami大学医学部付属Bascom Palmer Eye Instituteへ。緑内障手術の症例も多く、HPで丁寧に説明してくれています。

岐阜大学医学部附属病院(岐阜県)

山本哲也先生

岐阜大学大学院医学系研究科眼科教授、日本緑内障学会理事長。NHKためしてガッテンにも出演した緑内障治療の権威。

福島アイクリニック(大阪府)

桑山泰明先生

日本初の緑内障と白内障の専門クリニックを開院した専門医。手術の症例も多数で安心できます。

広田眼科(山口県)

広田篤先生

1995年広島大学眼科講師。2010年広島大学大学院医歯薬総合研究科視覚病態学(広島大学眼科) 臨床教授。西日本の緑内障治療の権威と呼ばれる存在です。

 

 
▲ページTOP