若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントリスト
緑内障のためにできること HOME » 失明の原因となる緑内障以外の眼の病気

失明の原因となる緑内障以外の眼の病気

緑内障以外にも、目の病気はたくさんあります。ここでは、日本人の失明原因として挙げられることの多い眼病について調査しました。

意外に多い中途視覚障害

現在、日本における視覚障害者は164万人にものぼると言われています。さらに、そのうちの約半分が、15歳以上で事故や病気などの何らかの要因で視覚障害となった中途視覚障害者です。

中途視覚障害は、それまでの人生ではモノが見えていただけに、精神的に大きな苦痛を伴います。特に、職場に復帰することができなくなったり、自動車の運転ができなくなってしまったりと、日常生活に大きな影響が表れるのです。

これまで出来ていたことが出来なくなることから、鬱などの精神疾患を患ったり、引きこもりになってしまうというケースもあります。そのため、この中途視覚障害者の数を減らすことは、急務だとも言われているのです。

中途視覚障害の原因とは

中途視覚障害の大きな原因は、網膜と視神経の病気によるものです。今回ご紹介している緑内障は、中途失明の原因の第1位ですが、それでも全体の24%に過ぎません。

実は、視力障害をもたらすには、ほかにもいろいろな怖い病気があるのです。これらの病気について知ることは、目を守り失明を回避する第一歩につながるとも言えるでしょう。

ここでは、こうした失明に至る可能性のあるさまざまな病気について紹介します。

さらに、それらの病気を未然に防ぐサプリメント成分についても解説します。目を守る成分が豊富なおすすめのサプリメントBest5のページと併せて、チェックしてみてください。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは、糖尿病の合併症のひとつで、国内での中途失明の原因の多くを占めている病気です。

糖尿病になると体にさまざまな影響が出てきますが、目にとっても深刻な問題となるもので、糖尿病から目の病気につながる理由や仕組みについてご説明しています。

また、糖尿病網膜症を予防する栄養素などについてもご紹介していますので、糖尿病にならないか心配な人や、目に影響が出ないか心配な人はぜひ参考にしてみてください。 予防に必要な栄養素を摂取するには、サプリメントが手軽で便利です。


「糖尿病網膜症」の詳細はこちら

網膜色素変性症

網膜色素変性症は、あまり知られていませんが、遺伝性の眼病であり徐々に視野が狭くなって失明することもある病気です。

進行が遅く、あまり自覚症状がないままゆっくり進んでいくこともありますが、初期の症状として「夜盲」がありますので、夜や暗い所で目が見えにくくなったという人は、こちらを参照してみてください。

この病気がどのように進行していくのか、どのくらいの割合で発症するのかも細かく説明していますが、急激に視力が失われることはなさそうなので、あまり悲観しないようにしましょう。

現在では、網膜色素変性症の進行を食い止めるような効果の薬は特定されていませんが、なるべく摂った方がいい栄養素などもご紹介しています。


「網膜色素変性症」の詳細はこちら

白内障

白内障は世界の失明原因の第1位ともいわれており、加齢によって発症しやすくなる目の病気です。日本人でも発症している人が非常に多く、その原因や治療法などの研究が進んでいるため、発症した場合でも手術によって改善する見込みが高いので、あまり気に病まずに、詳細を確認してみてください。

こちらでは白内障の種類や、緑内障との違いなども詳しくご説明しています。

また、治療方法や手術方法、術後に気を付けたいことなどもご紹介していますので、これから白内障の治療を始める方や、ご家族に白内障の方がいて心配なことがある場合も、こちらのページを一通り読んでみると、白内障のことがよくわかるでしょう。

白内障の予防に効果的な栄養素もいろいろありますので、今後白内障にならないか心配な方や予防したい方は、こちらに載っている栄養素のサプリを飲み始めてみてはいかがでしょうか。


「白内障」の詳細はこちら

網膜剥離

網膜剥離は、事故や物理的な力が加わって目に衝撃が与えられることによって、視力が低下する症状です。また、加齢などによっても発症することがあり、どういうメカニズムでどんな症状があるかを詳しくご説明しています。

網膜が剥がれていても痛みがなく、進行するまで気づきにくい場合もありますが、前兆や初期症状などによって違和感を覚えることもあるので、ふだんと見え方が違う、なにか目に違和感があるという人は、網膜剥離を疑ってみて、症状が合うようなら早めに治療に取り組んでください。

網膜剥離は、加齢や衝撃以外にも発症しやすいタイプの人がいますので、予防に効果的な栄養素を積極的に取って、目を大事にしてください。


「網膜剥離」の詳細はこちら

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症とは、その名の通り加齢によって進行していく目の病気です。 黄斑は目のどんな部分なのか、加齢によってなにが変わっていくのかなど、この眼病の原因や進行について詳しくご説明しています。

最近では、若い人でも発症することがあり、放置しておくといずれは失明につながる重篤な症状となりますので、視力や目の機能に不安がある人は、一度内容を確認しておくといいでしょう。

加齢黄斑変性症は、老化現象のひとつですが、細胞の酸化や老化を防ぐ栄養素を摂取することで予防できることも期待できます。

加齢とともに視力が落ちてきた方や、まだ若いながらも生活習慣が乱れていて、目の老化が心配な方などは、こちらでご紹介している栄養素やサプリを摂取してみることをおすすめします。


「加齢黄斑変性症」の詳細はこちら

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP