若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 失明の原因となる緑内障以外の眼の病気

失明の原因となる緑内障以外の眼の病気

緑内障以外にも、目の病気はたくさんあります。ここでは、日本人の失明原因として挙げられることの多い眼病について調査しました。

意外に多い中途視覚障害

現在、日本における視覚障害者は164万人にものぼると言われています。さらに、そのうちの約半分が、15歳以上で事故や病気などの何らかの要因で視覚障害となった中途視覚障害者です。

中途視覚障害は、それまでの人生ではモノが見えていただけに、精神的に大きな苦痛を伴います。特に、職場に復帰することができなくなったり、自動車の運転ができなくなってしまったりと、日常生活に大きな影響が表れるのです。

これまで出来ていたことが出来なくなることから、鬱などの精神疾患を患ったり、引きこもりになってしまうというケースもあります。そのため、この中途視覚障害者の数を減らすことは、急務だとも言われているのです。

中途視覚障害の原因とは

中途視覚障害の大きな原因は、網膜と視神経の病気によるものです。今回ご紹介している緑内障は、中途失明の原因の第1位ですが、それでも全体の24%に過ぎません。

実は、視力障害をもたらすには、ほかにもいろいろな怖い病気があるのです。これらの病気について知ることは、目を守り失明を回避する第一歩につながるとも言えるでしょう。

ここでは、こうした失明に至る可能性のあるさまざまな病気について紹介します。

さらに、それらの病気を未然に防ぐサプリメント成分についても解説します。目を守る成分が豊富なおすすめのサプリメントBest5のページと併せて、チェックしてみてください。

 
▲ページTOP