若年性緑内障にも!緑内障で視力を失わないためにできるすべてのこと
10代~20代でも安心&30代~40代から始める&50代~60代でも遅くない緑内障治療法・予防法
緑内障の悪化防止&予防に役立つサプリメントランキング
緑内障のためにできること HOME » 失明の原因となる緑内障以外の眼の病気 » 網膜剥離

網膜剥離

ここでは、網膜剥離と、それを予防する栄養成分について、解説します。

網膜剥離とは

網膜剥離とは、眼球の内側にある網膜という膜が剥がれて、視力が低下する病気です。

網膜とは、硝子体を包んでいる約0.2ミリの膜で、目の中に入ってきた光を視覚情報へと変換する、カメラのフィルムのようなはたらきをする器官です。

この網膜の内側にある硝子体のゼラチン組織が変質してしまったり、縮んでしまったりすると眼圧が下がり、その引っ張られる力で網膜がはがれてしまいます。これが網膜剥離で、加齢によって発症することが多いとされています。

また、ボールなどがぶつかったり、事故に合ったりして頭部や眼球に衝撃が加わることで引き起こされることもあります。

いずれの場合も、網膜に小さな孔や裂け目ができることが症状の第一歩ですが、網膜の剥がれは痛みを伴わないため、進行するまで気づかないケースがあります。前兆としては、目の前に黒い虫のようなものが飛んでいるように見える飛蚊症がありますが、網膜の中心部である黄斑部分まで剥がれた場合は一気に失明に至ることもあります。 

網膜剥離を予防する栄養成分

以下の成分には、網膜剥離を予防する効果が期待できます。

アントシアニン

網膜剥離は、加齢や衝撃によって起こる病気ですが、中でも近視がひどい人におこりやすいといわれています。そのため、アントシアニンのように視力を回復させる栄養素は、予防効果があると考えられます。

また、アントシアニンには高い抗酸化作用があります。加齢による硝子体の変質をこの抗酸化作用で予防できれば、網膜剥離の予防につながります。

ルテイン

ルテインは目の網膜の黄班部にある栄養素です。黄斑部は、ものを見る上で重要な役目をしているため、ルテインを積極的に摂ることは、網膜剥離の予防につながることが期待できます。

抗酸化作用もあるので、硝子体の変性を抑える面でも効果がありそうです。

コンキオリン

あわびの貝殻や真珠に含まれるコンキオリンは、高い抗酸化作用により、タンパク質の変性を防ぐので、硝子体の収縮により引き起こされる網膜剥離に対して効果的だと言われています。

緑内障自己診断テスト
 
 
▲ページTOP